情報販売で偽名や顔を隠さないのは何故?

どうも菊田です!

この前少し体調を崩してまして
その際に自分の名前でネットサーフィンしてました!

高評価してくれる人もいれば、
低評価する人もいればと様々でした(^^)

それぞれの観点から見た自分を観れて
とても色々な発見があってよかったです!

そこで一つ菊田が反論しておきたい事があります。

菊田は顔出し名前出し以外のネットビジネスは
あまり得意じゃないのでは?という意見。

正直言えば
得意不得意でいえば、得意です!(^^

 

■じゃあ何故わざわざ顔出しするのか?

 

匿名希望やミドルネームなど、
皆さんが探して利用したようなサイトなどにも
菊田のサイトがあると思います。

とはいえ当たり前なことですが、
キーワードなどの選定なども含め、
マネされるとライバルが増えるので
サイトはコレですって教えませんけど(笑)

ただし顔出しや本名を言うのが、
ただ得意なだけじゃないのか?という観点、

これは少し陰気な感じがします。

店や会社など運営してる方で、
お客様からお金を頂く際に、
嘘の名前や店舗名などの偽名。

これは自分が気持ち悪いんです。

信頼して購入したはずの商品は、
購入先は嘘の名前と会社だったらどうですか?

そりゃ嫌に決まってますよね?

そりゃアフィリエイターのような、
他人の商品レビューや紹介などの
ブロガーなどはこちらでもいいですが、
販売元が嘘だらけだったら嫌ですよね?

自社の商品コンテンツサービスを販売するなら
確実に自分の名前も顔も出す人がいい。

偽名や嘘で並べた販売者なんて
自分は痛い思いしない場所に隠れて、
相手のせいにする魂胆丸出しですよね?

もう一度言っておきますが、
アフィリエイターとか広告ブロガーや、
ユーチューバーなどの他社案件を
拡散させるの人は別ですよ?

菊田が言っているのは販売者の事です。

何百何千人とコンサルや相談をしていくと
予備知識がある人や少し出来る人、
全くイメージ出来ないくらいの超無知な人。

それぞれ受け取る側のレベルが違います。

例えば3つの内容を伝えるのに
5分もかからない人もいれば、
2時間かかる人もいます。

もちろん菊田は塾生などに対しては、
理解するまで徹底的に根気よく対応します。

コンサルなどを始めた2013年頃は、
この人によって差があり過ぎる事に
たまにイライラした時期もあります。

それは単純に自分の教える力が
まだまだ熟練されてなかっただけですが、
多くの経営者仲間でもこれが面倒なので、
すぐに理解しない人を
ググれカスで終わらせる人もいました。

菊田はそんな話を聞いていて、
「あっ、俺もそれになりかけてる」
っとおもった時恥ずかしくなりました。

そこから今だに教え方にいつも
ニュアンスを変えながら提供しています。

動画なんかで話が長くなるのも、
予備知識が多く実績がある人だったら
「菊田お前話が長えぇよ」って思うでしょう。

逆に教えた生徒さんが多い人だったら、
「この話し方の方が全体に伝わりやすいかも」
っと参考にしていただける人もいるでしょう。

要は購入された方の認識レベル関係なく
全体に伝わるようにする!

これが菊田が教育者としての
信念でもあります。

そもそも同じレベルで話し合うなら
もはや一言で理解し合えます。

単純に「愛」ですね。

この一言だけで終わってしまいます。

しかし、これだけで全てのノウハウや、
必要な思考や視野、本質や定義づけ、
モデリングや分解、リサーチ方法や伝え方など
まぁわかりませんよね?

「いやいや具体的な方法教えろよ」とか、
「だから意味はなんなんだよ」とか、
その為に一つ一つ崩して解説する必要がある。

何か一つの事を達成するためには、
フォーカスしたり偏った方がもちろんいいですよ!

ただし!
いつまでもそればかりだと順応性がありません。

3年も経てばそんなお店や会社や起業家は
9割以上消えてしまうんです。

なので全体で学んでほしいという
菊田の心の声をここでは伝えさせてもらいました。

最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。