独学で稼げるほど世の中の人はバカじゃない!量産型になるな!

どうも菊田です。

毎日のようにFacebookなどの
リクエストに承認が必要なSNSなどには、
20~50件のリクエストが届きます。

前までは減ってきてたのですが、
最近はまた増えて生きているような気がします。

暗号通貨の一時的な流行が去ったからなのか
まともにビジネスしようとする人の流れが、
また増えてきているのかもしれませんね(^^♪

ただし!!!!!

またまたコピペの量産型ばかり増えてます(^^;

リクエストの内3分の1が、
その量産型のザク???ばかりです。

心の中で、「またこの時期が来たか…」
と思いながら動画を撮影しました。

■時代は巡る!流行りのうわべを流れる量産型

この時期が来たか…というと、
時代は巡るといいますが、

ネット業界でも流行りがあります。

この流行りつくるのは大元のプロデューサーで、
仕掛けた波を大きくするのは新規参入者です。

通貨をAIを使って自動でらくらく~♪
たったの2、3クリックであなたの口座にお金がザクザク~♪
転売の高利益の仕入れリストが毎週届く~♪

アホか!?

相場の市場もビジネスでも市場も
すべて「人」が作っているんです!

その人を理解しようとせずに
AIだのロボットだのシステムだのが
自動でコントロールしてあなたへ
お金をいれてくれますってアホか!!(笑)

そんなのに踊らされる人に限って
自分への学びへの投資にはお金をケチって
自分だけは楽して稼ぎたい…

もう本当アホwww

このメルマガを書いた時にFacebookで
ある問題を出しました。

それは、

あなたの給料が5千円アップするが、
同僚達の給料は10万円アップするボタンがあります!
あなたは押しますか?^^

※ちなみに菊田はすぐ押します

この問題でのコメントでビックリしました!

押しません!という回答と、
同僚。←コレちゃんと読んでない。

稼ぎ続ける人や成功する人になるなら
当たり前に「ボタンを押すこと」です!!

誰も損しない!
それどころかみんなが得する事に
なぜすぐに行動が出来ないの????

ちなみに日本人は他人への僻みが多い文化なので
これが意外と押せない人が多いんです。

ちゃんと文章が読めない人は
それ以前の訓練が改めて必要です(^^;

技術(スキル)やコツ、ノウハウっていうのは、
ホント氷山の一角であって簡単な事が多い。

もちろん説明だけでも話せば2分もかからない。

重要なのはその行動を選択した
考え方や思考がなにより重要だという事です。

さきほど冒頭で話をした内容ですが、
コピペの量産型のザクの話です。

ザク→機動戦士ガンダムに出てくる
ジオン公国の量産機モビルスーツ。


(モブ・雑魚キャラ)連邦軍ならジム。

例えば友達申請した時に
投稿にコメントで参加してくれてたり、
イイねしてくれたり、メッセをくれたり。

普段の付き合いの中では
ごく当たり前の事ですよね?

よほどの世の中に知られている
有名芸能人でない限りは、
初めましての挨拶だったり、
簡単な挨拶くらいしますよね?

しかも自分からリクエストするなら
一声かけるのってモラルです。

それが誰に習ったのか
誰にそそのかされたのが知りませんが、
名前だけが違う同じ紹介文だらけ…

もうただの悪質なスパマーですよ(笑)

ほっときゃいいじゃんって言う人もいますが、
それでは自分たちの活動してる業界が、
ただただ悪いイメージが消えないままになる。

腐ったミカンが入ったミカン箱は、
他も腐っていってしまいますよね?

せっかくフレッシュなミカンが
食べられなくなるなんて嫌じゃないですか?

それがミカンが好きだったら?

僕はネットビジネスが大好きです!
なので腐ったミカンはこれ以上増やしたくないし、
自分の周りには置きたくなりません。

なのでこの動画を送ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

【PROFILE】 EXECUTIVE GROUP Representative/ ArioseConsulting., LTD CEO  ■主な事業内容■ インターネットマーケティング事業、情報コンテンツ事業、広告店事業、 投資事業、起業サロン事業、メディア制作事業、コンサル事業、特産品流通業 ■経歴■ 1985年生まれ、高知県出身 2004年、大阪の専門学校を中退後、 様々なアルバイトや会社員として多くの業種を経験。 2009年、サラリーマンの傍ら密かに店舗開業をする。 2011年、11店舗の飲食とサービス店舗グループ設立。 2012年、会社とは別に個人で負債を抱えネットビジネスに出会い、 初月から100万以上の売上て半年後に月2800万円を稼ぐ。 2013年、拠点を出身地の高知に移しコンサルティング会社を設立し、 独自の技術ノウハウを広め、地方創生を念頭に活動。 2014年、店舗型ビジネスやインターネットビジネスを通して培ってきた 独自のノウハウをフルインストールさせる「菊田塾」というネットサロンを開始。 入塾した人が必ず成果を出させるを念頭におき、現在まで成果が出なかった塾生を ひとりとして出さずにバージョンアップを常に行い運営にも力を入れている。 2016年、金融商品などの投資事業にも活動範囲を広め、 コンサル事業など中小企業・個人向けに 最高のポテンシャルを引き出す為に現在もビジネスを通して活動している。